<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

北海道にて(5)

そろそろこのネタで引っ張るのも止めにします。
最後に旅先で見つけた変なものを紹介。

More
[PR]
by hakobei-lazybones | 2008-05-28 21:46 | 鉄的行動

北海道にて(4)

先の記事にて、
鈍行についても書く!と鼻息荒く予告したのは良かったのですが…

またしても長文ですがご容赦More
[PR]
by hakobei-lazybones | 2008-05-26 22:19 | 鉄的行動

北海道にて(3)

今回の旅においての、乗車の記録と感想を多少まとめてみました。
ちょいと長文になりますので、適当に読み飛ばして頂ければと思います。

More
[PR]
by hakobei-lazybones | 2008-05-25 21:35 | 鉄的行動

北海道にて(2)

ひきつづいては旭川と、それ以降に撮った写真です。

More
[PR]
by hakobei-lazybones | 2008-05-22 22:30 | 撮影行

北海道にて(1)

こんばんは。

すんません。またご無沙汰してしまいました。
連休が終了したあたりに、職場からリフレッシュ休暇のようなものを頂いておりました。
これにより、5月の半ばあたりまでの長いお休みとなっておりました。

なのでこれを好機とばかりに、北海道へ行っていたのです。

個人的には初めての渡道となったのですが、この旅の目的として
観光でも乗りつぶしでもなく、撮りを主目的としておりました。

なのでこの『北海道貨物列車撮影地ガイド』が、自分にとっての『るるぶ』となりました。

旅の最初はAir Doで函館空港に降り立ったところから始まります。
まずは函館~札幌までの写真を晒していきます。

More
[PR]
by hakobei-lazybones | 2008-05-21 21:45 | 撮影行

モジュールの規格

○原則
使用する線路はカトーのユニトラック。
線形は複線が基本。


○モジュールの作り方
モジュールのボードは、レールを組み合わせた長さより2mmほど短く作る。
(248mmを2本使用する場合、ボードの長さは494mmとなる。)
線路をボードから左右とも1mmずつはみ出して敷設し、
モジュール同士の連結は、レールの接続で代える。(路モジと同じ方法)
好きな長さにしても良いが、その場合には必ず偶数個作成すること。

また、モジュールには高さ調整用のアジャスターを必ず装備すること。


○寸法
長さの基本は248mm×2の496mm(ボード長はレール長より2mm減の494mm)とする。
複線間隔は33mm。
モジュール手前から50mmの位置に手前のレールを配置。
高さは60mmとする。(KATO高架橋の高さと合わせる為)


○今後の課題
曲線モジュールをどうするか
複々線などの変則的な線路配置にはどう対応するか

別記事にあった「さきたまRM準拠モジュール規格」はこちら。
[PR]
by hakobei-lazybones | 2008-05-01 11:27 | モジュール