<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

くううぅ…っ

というわけで、順調に進んでいると思われたワサフ製作ですが
思わぬ落とし穴にハメられました。

平日は非常に忙しく模型をいじる暇もありませんが、
それでも出来上がりつつあるワサフを眺めては
何となく癒されていた平日の深夜、だったのですが。

それが今となってはは見る影も無い姿に。
つかれを引きずって帰宅し、ワサフを見るたびにため息。
そして夜は歯ぎしりと少々の不眠…。

そんな日々が続いた水曜の夜です。

珍しく自社に戻れという指令が出たので仕事を切り上げ、
自社で話し合いの後、定時退社。
自社は秋葉原界隈にあるのでそのまま模型店めぐりです。

カワイ ワキ5000
カトー 700系増結8両のジャンク品

アリイ 成田線のホキ9500セット
     マニ30+コキ10000セット

後半2点は抱き合わせだったのですが、模型仲間のY氏と折半が成立。
2で割ると互いに信じられないほどの安値で購入することが出来ました。
まあ失敗は失敗としても
悪いことの後には良いことがあるのかと感じられた日でした。

さて、自分が取ったのはどっちのセットでしょう?なんて問題出すまでもありませんな。
[PR]
by hakobei-lazybones | 2007-01-31 22:55 | 入手記録

ワサフ製作記(10)予想外の結果

いつもどおり1週間放置の後、この日は車番を入れました。
とりあえず入手できたレボリューションファクトリー製のインレタを使いました。
GMに比べると軽く転写できて糊のはみ出しも無いのでおすすめです。

f0088350_2321880.jpg


1-3位側の扉はこうなります。
種車であるスニ40の「パレットとう載位置」用プレートが邪魔するので、
車番用プレートが何ともハンパな位置です。
おまけに「プラストライプ」使用のため、票挿しのディテールが無いのがさみしい…。
まあ、実物どおりに2列で車番が表現できたので良しとしましょう。
写真がひん曲がっているのは、携帯の広角レンズで撮った写真をトリミングしたためです。
もちろん本物はここまで曲がっておりません。

手が止まらないうちにクリア塗布です。

















しかし…





















ここで身の毛もよだつ、恐ろしい現象が発生しました。

















吹いている塗料はクリアーなのに、銀色の部分に青の顔料が載ってくるのです。

f0088350_2394039.jpg


該当箇所のアップ写真がこちら。
プレスリブ扉の凹部分に青い粒子が付着しているのがお解りになりますか?
さっきの車番の写真にも、同様のものが付着しております。

最初はカブったか何かしたかな?と思ったのですが、患部は明らかに青い。
何かクリアを吹けば吹くほど青くなってゆくので、非常に不気味になりました。
そして仕上げの段階で起きた事件なので、リカバー不可能なのは痛恨の極み。


さて、一体なにが起きたのでしょうか?


・吹き付けのクリアーが車掌室部分の青を掘り起こして巻き上げ、それが銀色部分に付着した
・吹き付けのクリアーが扉部分の銀を掘り起こして、地の青が見えた
・その他

いずれにしても、根本的原因がまったく判らないのが余計に不気味です。
ご存知のかたいらっしゃいますか?

しかしこの青い粒子、
なぜかプレスリブ扉の上よりも下に、凸部よりも凹部に集中して付着しています。
なので遠めに見ると、まるでウェザリングをしたようにも見えます…。
編成を組ませるワキ8000が綺麗なのが逆に浮いて見えたりとか。

とにかく作り直すにしても、同じことが起きるのが怖くて何も出来ません。

た~すけてぇ~。
[PR]
by hakobei-lazybones | 2007-01-28 23:01 | ワサフ特集

イベント

東西線の深川車庫でイベントがありました。
地元と呼んでも差し支えない場所なので参加したのですが
なんとも凄まじい混雑に辟易。

しかし貴重な体験をいたしました。

それから友人たちと合流し、その勢いのまま買出しに出かけました。
本分はY氏のための可動橋検索でしたが、
自分の買い物もちゃっかりとしてきました。

TMS 84年7月
カトー コキ5500
    ワキ5000
    コキフ10000

ハセガワ モハ1 2両セット
      模型用ケガキのこぎり

「国鉄時代」Vol.8

夕食後はまた東京駅へ行き、長野から来たフリーザ様を見学。
内装だけは「彩」の名前に相応しい立派なものでした。。。

腹いっぱいの一日でした。
[PR]
by hakobei-lazybones | 2007-01-27 22:50 | 入手記録

ワサフ製作記(9)

さて、ワサフの話も9回を数えるにおよんで、いよいよ大詰めになってきました。
前回は青一色にして有頂天になったところで終っておりました。
しかし当初の志どおり、銀色も塗ることにしました。

といいますのも、青一色の状態で試走させた事があるのですが、
どうにも編成内で垢抜けない感じがぬぐえなくて、あまり好きになれなかったからです。

f0088350_20573530.jpg


走行中の写真。
しかしせめて窓ガラスくらい入れろよ俺。

この時のネガティブな印象もあり、青一色で窓が少ない物体はマニ44だけで結構!
と強く感じた次第でございます。
でも別にワサフ8800自体に悪い印象を持っているわけではありません。断じて。
好きな方ごめんなさい。

銀の塗装です。
パレット室の扉部分を残してマスキングします。
裾部分は青なのですがマスキングが面倒なので、
いったん扉と同じ銀で塗ってしまってから再度塗装しなおすことにしました。

裾の塗りなおしまで終らせた状態を以下に示します。

f0088350_2104436.jpg


さあだんだんそれっぽくなってまいりました。
長時間おいて乾かした後、はみ出しを修正してからは楽しい仕上げの作業です。
[PR]
by hakobei-lazybones | 2007-01-21 21:03 | ワサフ特集

ネタ切れなんだろ?

この週末は体調不良のため、ずっと寝込んでいました。
なので鉄関連の行事といえば新製品発表を店頭で眺めたくらい。

なので年末に仕入れたネタを。

昨年末、中古品のトミーDE10を入手しました。
どうということはない標準色でした。
買う前にモノを見ると、ナンバープレートがエッチングですよ…。
これは相当昔のものらしいですが、ボディの色は上々です。
窓ガラスのサッシが剥げて多少汚れていましたが、何とかなるでしょう。
そして試走でも快調に走ったのでお買い上げ、となったのですが。

家に帰ってから、我ながら甘ちゃんすぎるなと思いました。
ゴムタイヤが劣化していたのです。

どこかからの噂で、
カトーのゴムタイヤは軟化してべちゃべちゃになり
トミーのゴムタイヤは硬化してぱきぱき割れる
という証言を聞いたことがありました。
うちのはトミーなので、その噂どおりに硬化しており
ゴムタイヤ用の車輪の溝を埋め、縮んで割れておりました。
こんな状況だったのに、よく試走ではまともに走ったものだ。

仕方ないので爪楊枝の先で劣化したゴムタイヤを除去し、
カトーのAssyよりトラクションタイヤを購入し、はめ込みました。
DE10の動輪は径が小さいので、
「5.6用トラクションタイヤ」(電車用?)がぴったりでした。

交換終了したのですが…試走がまだです。
多分大丈夫だと思いますが。。。
[PR]
by hakobei-lazybones | 2007-01-15 23:45 | 備忘録

八日正月?

誠に遅くなりましたが、2007年も明けました。
今年もどうかよろしくお願いいたします。

個人的な話で恐縮ですが、お正月休みを今日まで頂いておりました。
旅行、模型製作、部屋の掃除、その他もろもろの予定を立てていたのですが
ほぼ全て計画倒れとなってしまった、情け無い年明けです。

それでもいくつか実行したことはあるので順に

1:
 年明け一発目に、大井川鐵道へ行ってきました。前は神尾駅のがけ崩れで本線が分断されていた頃だったので、かれこれ2年ぶりですか。ことの始まりは趣味仲間のM氏に「年賀状用の写真を撮りに行くぞ」と言われ、ほいほいと同行することになったことです。元日の深夜にこちらを発ち、2日の明け方にマルヨし、その日の朝には新金谷というハードスケジュールでした。朝一番、カマに火を入れる作業を眠い目をこすりながら眺めるのも、恒例となっております。
 本日の主役はC11 312でした。お正月仕様で付けられた日章旗をはためかせながら堂々の爆煙。この日は第2橋梁でメインの撮影を行い、千頭で機回しを見学しました。蒸気暖房のスチームが連結面からしゅうしゅうと漏れているのを眺めていましたが、冬ならではの体験でしたなぁ。返しも撮影しましたが、この日は天気が悪く、真っ暗な写真になっていたのが残念。そしてこの日の撮影は銀塩がメインなので、ここに写真をアップできないのも超残念。
 帰り道に購入したキハ20スカ色が今年の模型初買い。今年も刺激的な年になりそうです。

2:
 トミーのコキ10000から台車を外し、カプラーポケットの外側にカトーカプラーを接着しました。

f0088350_11184720.jpg

左から、ノーマルのTR223(コキフ50000用)、今回加工のTR203、ノーマルのTR203です。通常は右の台車のように、カプラーポケット内にかとかぷを押し込むべきなのでしょうが、今回の加工ではポケットの外側にカプラーを接着しました。これで左側の腕の長い台車とほぼ同様の使い方が出来ると目論んだ訳でして…。

f0088350_11185852.jpg

こうして出来たのがコキフ51000です。トミーの旧製品はデフォルトのナンバーが51000番台となっており、製品ママではエラーですがこれで本来の姿になります。細部の色さしなど、現行製品に比べて見劣りがするかもしれませんが、あえてこちらを選択して台車を付け替えました。実際にはすこし腕が短く、カプラーが多少へっこむのですが、運転に支障をきたすほどではありません。これでガンガン遊びたいところですが、問題はこれに似合うコンテナ貨車を現在保有していないことです…。

3:
パソコン用に机を新調しました。今のパソコンを購入してからはや3年ほど(導入が遅かった)、居間の机の上、工作台の上などを転々としていたジプシーのようなパソコンでしたが(これでもデスクトップマシンです)、やっと安住の地を得たということで。工作台を広々使うこともできるので本人は非常に喜んでおります。写真は諸々の事情ゆえ非掲載。
[PR]
by hakobei-lazybones | 2007-01-08 11:26 | その他