SRCコンテナの塗装剥離について

金曜に貰ってきたお風邪がいまだにまとわり付いているため、
残念ながら連休はずっと全力が出せないままとなってしまいました。

仕方ないので、これまでチマチマとやっていたSRCコンテナの事前処理についてメモ。





-IPAに漬ける際には妻板パーツ、扉パーツを外す。
-漬け込む日程の目安は5日~7日。
  それより早いと剥がれ切らない恐れがあり、遅いとプラが侵される(ような気がする)。

f0088350_210874.jpg
最初は表記やマークのみが剥がれてくれれば良いと思っていましたが、
実際には地の銀色部分も綺麗にはがれていきます。


f0088350_2111023.jpg
一通り剥がし終えたら、このようになります。
IPAと剥離作業のみでは表面に銀色の粒子が僅かに残るのが確認できますが、
シンナーを含ませたティッシュで一拭きしてやると、だいぶ綺麗になります。
※このシンナー一拭き、TOMYの30Aで行ったら見事に割れました。
参考にされる皆様におかれましては充分ご注意ください。


さあさあこれで、SRC試験用Z54Aも各種の特大コンテナも作り放題♪(種コンの数の限り)
個人的な妄想としては、SRC試験用の有人コンテナが出来たらいいなと思っておりますが。。。
どうなることやら。






哀れコンテナをもぎ取られ、空荷になってしまった車両部分も
そのままではもったいないので活用しましょう。
f0088350_2173514.jpg
30A各色をびっしり載せてみました。
SRC試験用に、青一色に塗られた30Aが用意してあるのは有名ですが、
標準塗装のまま試験に供されていた写真を見たことがあったので、このような裏技を思いつきました。
JRマークが大書きされたコンテナがずらりと並ぶSRCも、結構かっこいいです。

そしてまた車両のほうにも、普通に考えたら必要ないはずの
20ftコンテナ用の爪がばっちり用意されているのです。
なので20ftコンテナ積載は、メーカーも認定(?)の遊び方ということになるでしょうか。

でも基本セットを持っていないので、このような間抜けな写真になってしまうですよ。。。
誰か激安で売ってください(嘘)
[PR]
by hakobei-lazybones | 2007-11-25 21:11 | 備忘録


<< 横川へ。 晴れると聞いていたものでつい >>