10月の運転会

毎度おなじみの運転会です。
今回は集会所を借り切って行う「いつもの」スタイルでした。

いつも「大地主」みたいな方がいらっしゃってて、大量の線路を持参頂き、
長距離かつ最大カーブ半径が718mmという特大コースを設営いただいております。
なので毎回コースのお世話になっていたのですが、
残念なことにその「大地主殿」は、今回お休みでした。





というわけで「1人1コース制度」ができました。
f0088350_19551281.jpg

もちろん自分も、なけなしの線路を敷いてコースを設営しました。
単線だったのは自分だけだったので、後から来た人を引き入れることもできず
多少寂しかったです。。。これを忘れず、今後は線路にも力を入れることにしましょう。


今回、最大のめあては「保線」でした。
特に自分は普段から走らせている訳ではないので、線路状態が劣悪だったのです。
f0088350_19575480.jpg

そこでご用意いただいたのがこちら。無水エタノールです。
「八王子N広場」でイチオシされていたので、今回使用してみることにしました。

エタノールを別の容器に小分けにして、それを綿棒に染み込ませてレールを拭いていきます。
その時の容器はなるべく広口で小さめのものが良かったのですが
f0088350_19592574.jpg

その場で用意できる便利なものが、これくらいしか無かったもので。。。

各員、列車を停止させて一生懸命レールを拭いていったのですが
作業を行っている人間が皆、エタノールの蒸気吸入による『副作用』のせいで
赤ら顔になったり、手元がおぼつかなくなったり、笑いが止まらなくなったりしました。

しかしこのレール磨きの効果はてきめんでした。
それまでのガクガク走行がまるで嘘のように、車両がすーっと滑らかに走ります。
エタノール自身も、容量あたりの値段で比較すると
市販のレールクリーナーよりずっと安かったです。

皆様もぜひお試しください。



その他の写真も晒します。
前日の予告どおり、「貨物列車ばっかり」持っていってました。
おかげで自分とこのコースは全く色気の無いものとなりました。
せめて鉄コレの数両でも添え合わせとして参加させれば良かった…。
f0088350_22221487.jpg
走行会常連の米タンです。こいつらは再生産が決定したようですね。
既に所定の数はそろえてあるのですが、出たらば負けて買ってしまいそうです。

f0088350_22235492.jpg
今回は「とびうお」も出撃。
しかし手持ちの諸氏と同じく、自動開放やら脱線やらに悩まされました。
最終的にはそれなりにスムースに走りましたが、手なずけるのに随分苦労しています。

そんな自分のコースに、友人所有の貴重な機関車が入線してきました。
f0088350_22262019.jpg
ていくわん製のEF500です。
コキをかき集め、32両で1600t列車を仕立てて起動試験です。

その他の参加車両も紹介。
f0088350_22295225.jpg
有井の赤い「あいづ」です。
塗装、印刷が非常に美しく決まっております。
やっぱり電車ったらこういう「色気」ですよね(何が)。

f0088350_22305437.jpg
鹿島のDDが牽くガソリンタキ。
自分がやった横田油送に対抗した、百里油送、だそうで。。。


というわけで、あれこれジタバタしながらも、総じて平和な運転会でございました。
さあ、もうこれからは線路を買おう!









f0088350_22332841.jpg

ではまた。
[PR]
by hakobei-lazybones | 2007-10-14 20:10 | 走行記録 | Comments(38)
Commented by みゃび at 2007-10-15 11:00 x
今回は事情によりドタキャンでした。本当にごめん。

アルコールですが、エタノールだと確か酒税が掛かってちょい高かったはず。もっとも一部の人(アルコールがまったく駄目な人)を除けば、多少酔うくらいで毒性は無いから安心はできますけど。
でも、あそこなら部屋とトイレの換気扇を回せば充分換気できる気がするんですが。
で、充分な換気ができるのであれば、イソプロパノール(イソプロピルアルコール・IPA)の方が安いはず。毒性があるから換気が充分なことが必須条件だけど、クリーニング効果という点では変わらないと思います。(油分除去という点ではメチル基の多いIPAの方が有利かも)
なお、いずれのアルコールも引火性が高いので、作業中は火気厳禁。液体の近くだけでなく、漂う蒸気もヤバいので、部屋全体で火気厳禁ですね。(蒸気に引火すると、見えない火の玉が蒸気発生源に向かって飛ぶ)
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-15 22:41
みゃび様
いえいえ、事情が事情ゆえ仕方なかったです。
次回はぜひご参加ください。

アルコールに関してのコメント、ありがとうございました。
なるほど、エタノールよりIPAのほうが効き目は強いのですか。
IPAといえば、「塗料剥離の水抜き剤」として、あちこちで有名です。
しかしその毒性、というのは無視できないと思われました。

きっとその安全性ゆえに、八Nではエタノールが推奨されてるんでしょうね。

そしてその引火の様子はなかなか恐ろしいです。
アルコールの火は油と違って目では見えない、と聞いたことがあります。
あのお部屋は禁煙なので、きっとそこらへんは大丈夫だったのではないかと。。。
Commented by みゃび at 2007-10-15 23:09 x
どちらが強力か実際に試したわけではないので、「かも」なのです。IPAはメチル基が2個付いてるのでエチル基1個のエタノールより強力かなあ、という想像です。
もっとも、エタノールとIPAが同じくらい強力だったら塗料剥離にも使えるのではないかと思うので、やはりIPAの方が強力なのかも。
なお、どちらも親水性が高いので、今回のように無水に近いものだと皮膚に付いたときに水分を奪われるため、皮膚の表面がカサカサになるはずです。(実はこれ、IPAで経験済み)

> きっとその安全性ゆえに、八Nではエタノールが推奨されてるんでしょうね。

おそらくそうなんでしょうね。でも無害だからといって換気に気を付けないと酔いが回りますので、エタノールと言えども安心はしない方が。
あと、IPAの害というのがどんなものなのか詳しく知らなかったのでググって見たのですが、直接飲むとかしない限り致命的なことはなさげです。もっとも蒸気を大量に吸い込んでも結構ヤバそうなので換気は絶対条件ですけど。

Commented by ぼうず at 2007-10-16 00:53 x
はじめまして(?)、ぼうずと申します。

線路持ち込みの運転会もワイワイ・和気あいあいという感じがしていいですねぇ。
保線にアルコールを使うというのは勉強になります。無水エタノールだと既にご指摘のとおり酒税がかかりますから、燃料用アルコールだと安上がり鴨。ただ、一口に「燃料用アルコール」と言ってもメタノール主体のものからIPAが多く含まれているものまで多く出ていますから、エタノール+IPAのモノが良いかと。以前、エタ80%IPA20%位のものを買った気がします。500mlで300円位じゃなかったかなぁ。薬局で売ってました。
今度探してみようっと(^^;
Commented by 秋津のOB at 2007-10-16 08:13 x
久しぶりのカキコです。なんか盛り上がりそうな記事ですね。

クリーナーですが、当方は米国製の『GOO_GONE』を使用しています。

KATO・TOMYと違い、オレンジ系の香りがするので使いやすかったのですが、数ヶ月前にメーカー廃業の知らせが入りました…。

先月発売のRMM付録なども参考に、次のクリーナーを選定しないといけません。


あと最後の写真ですが、変な意味でTNカプラーの凄さを感じます。
Commented by みゃび at 2007-10-16 09:19 x
ぼうず様。

> エタノール+IPAのモノが良いかと。

これだと確かに酒税はかかりませんけど、IPAがそれなりに入ってる時点で毒性問題がありそう。もっともエタノールでも換気しないと厳しいものがあると思うので、いずれにせよ換気は必須ですし、エタ80%IPA20%ならIPA99%よりははるかにマシでしょうから、この選択はありですね。
安いカーショップの水抜き剤(中にはIPA99%じゃないものもあるので、確認は必須ですが)でも容量と価格を考えたらそんなに違わないみたいですし、やってみる価値はありそうですね。今度機会があったら買って試してみようと思います。

ちなみに、うちではレールクリーニングを上述のようにIPAでやってます。(そういやここ数ヶ月はクリーニングしてないな)
綿棒とかだと面倒なので、乾燥したウェットティッシュ(それはウェットティッシュではない!といった突っ込みは敢えて甘受します)などの不織布を折り畳んでIPAを染み込ませ、二本のレールを一気に拭くというやり方。IPAは皮膚に付けない方が良いので、良い子は真似してはいけません。(笑)
ちゃんとやるなら、手術用とかの薄手のゴム手袋を嵌めてやるべきなんでしょうけど、つい面倒で……。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-16 22:29
みゃび様
IPA99%なら我が家でも使用中です。しかしレール磨きにまで応用するとは考えていませんでした。
劣悪な線路ならいくらでもありますので、こんど実験してみます。
エタノールですが、「車輪磨きの際、ボディに付いたら塗料が落ちたorz」という報告を聞いたことがあるので
99度以上のエタノール、あるいはIPAとの混合液でも塗膜の剥離は可能だと想像します。
現在IPAが剥離の主流になっているのは、値段と入手製を考えるとベストの選択肢、だからでしょうかね。。。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-16 22:29
ぼうず様
ご来訪、そしてコメントありがとうございます。
そのエタ80%IPA20%、というのは気になります。そのお値段も非常に魅力的です。
無水アルコールは500mlで1200円(買って来た方談)だったそうなので、やはり酒税は重いですね。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-16 22:29
秋津のOB様
ご無沙汰しておりました。
「オレンジ系の香り」を読んで、自転車のチェーン掃除に利用していた油落し剤が
オレンジの皮から出来ていたことを思い出しました。
代用品をお探しなら、今回紹介の各種アルコール類もお試しください。

ところであの脱線ですが、実はコキ車はアーノルドカプラーのままです。
このときはコキを80両ばかり集めて牽引試験を行ったのですが、
カマ次位に空コキばかりが集まってしまいました。
編成を引き出し、動いたまでは良かったのですが、S字のところで脱線しました。
カマの牽引力とケツの重量が綱引きをして、空コキが浮かび上がってS字をショートカットしたようです。
引っ張り力での脱線なので、アーノルドでも解放しなかったと考えられます。
Commented by ぼうず at 2007-10-16 23:29 x
>はこべえさん

今後もちょくちょく遊びに来させていただきます(^^;

>みゃびさん
IPAの毒性を気にされていますが、MSDSを調べる限りにおいて蒸気吸引により明らかな健康被害が発生することは無いと考えられます。手元にあるシェルケミカルジャパンのMSDSの「健康被害」では

蒸気が眠気およびめまいを引き起こすことがある。繰り返しの曝露により、皮膚の乾燥またはひび割れを引き起こすことがある。目を刺激する。

一方でNEDOのエタノールMSDSの「人の健康に対する有害な影響」では

工業的には比較的無害の溶剤と見なされるが、蒸気を吸入すると麻酔剤として働き、繰り返しさらされた場合、粘膜への刺激、めまい、感覚麻痺、頭痛などを起こす。

あまり差が無いようです。長いようなので続きます(^^;
Commented by ぼうず at 2007-10-16 23:29 x
経口のLD50もIPAの2,000mg/kg以上に対し、エタノール7,060mg/kg(共にマウス)と、共に有機溶剤としては無害な部類ですし、顕著な蓄積性も認められていないようですのであまり気にしなくてもいいのではないかと思います。IPAで気分が悪くなるような状況ならばエタノールでも同様な症状が出そうですね。
経皮毒性も低毒性とされていますので、カサカサになるのをガマンすれば気にする必要はないかと。ワタシはIPA風呂に入れた車輌を素手で掴んでゴシゴシと歯ブラシかけてます(^^;
火気厳禁はご指摘の通り、これからの季節は静電気も要注意ですね。

レールクリーニングを水抜き剤でやるというのは良さそうですね。水抜き剤は防錆剤も入っていますのでその意味からも良さそうです。そか、塗装落しだけじゃなくて使えるんだなぁ....有益な情報、感謝です(^^;
Commented by みゃび at 2007-10-17 08:44 x
ぼうすさん、詳しい情報ありがとうございます。
なるほど、火気厳禁はともかく、人体への毒性に関してはそれほど神経質になる必要はないんですね。元々こんなものを飲む気はありませんが、経口でも案外大丈夫だとは……。これならメチルの方が危険かもしれない。
ちなみに、水抜き剤でも防錆剤入りのだとIPA99%にはなりませんので、レールクリーニングはともかく、塗装落としには使わない方が良いかと。
それに今のKATOやTOMIXのレールは、塩水などの錆びやすい環境に曝すとかしない限り、普通の環境下ならまず錆びないようですし、それなら敢えて防錆入りを使う必要もありませんので、素直にIPA99%なりエタ80%IPA20%なりのボトルを一本持って多方面に利用した方が面倒さもなくて良いのではないかと。
Commented by みゃび at 2007-10-17 09:01 x
はこべい様。
エタノールでも塗装が落ちるんですね。これは要注意ですね。あそこで運転会の時アルコールを買って呑んでることもありますし、車輌には絶対に付けないようにしないと(笑) って、アルコール度数が桁違いだろう>己
そうすると、塗装剥離に無水エタノールが使われない理由は単に入手性と価格の問題なのか。確かに500mlで1,200円は高いですし。(スピリタスとどちらが高いのかと思って調べたら、スピリタスは500mlで1,300円。あんま変わらんのですね)
Commented by 秋津のOB at 2007-10-17 21:25 x
宙吊りコキは80両編成(!)の一部ですか…。
TNと思ったのは早トチリでした。お恥ずかしい。

平坦線ですが、牽引機は何が起用されたのか気になります。

あと、一連のクリーナーに関する詳しい討論、大変参考になります。

文化祭展示のレイアウトを富のクリーナーで掃除中、着た方から臭いの原因を聞かれました。
以来臭い対策を兼ね、GOO_GONEに切替ました。

前のバイトでクリーニングカーを試作。
構造は輸入品のパクリで、ワッシャーを重ねてドラムを作り、それに不織布を巻き付けて糸で縛り、GOO_GONEを染み込ませたモノです。

富ワム8床板の中央1/3を取り払い、ドラムが入ります。浮き上がらないよう補重しました。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-18 23:07
ぼうず様

詳細な情報、ありがとうございました。
自分もMSDS Searchへ行ってきました。

  http://www.shell.co.jp/products/scj/msds.html

健康被害以外にも、かなりモノモノしく書いてあって、結構身につまされる部分がありました。汗。
自分も塗装剥離の際は素手ですが、手洗いは励行しているので多分大丈夫ではないかと。

そしてアルコールの蒸気って、麻酔剤として働くようなのですが、
あれって単に酔っ払ってるのとは違うんでしょうか・・・?素朴な疑問ですが。
確かに無水アルコールの匂いは独特で、あきらかに酒とはちがうものでした。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-18 23:07
みゃび様
手元にIPA99%の水抜き剤の瓶があるのですが、成分として
  イソプロピルアルコール、防錆剤
と書いてあるんです。
ヂーゼル用の水抜きなら純度が低くて、んで防錆剤が入っているのはわかるのですが、
99%でも入ってるんですね。でも今のところ、変な被害を受けていることはないです。

そしてスピリタスって何かな、と思って調べてみたら…なるほど、96度ですか。
では次回の公民館ではスピリタスでカクテル作ってもらいながら線路磨きでしょうか。笑。
神戸市消防局のHPに、スピリタスによる火災被害について大真面目に書いてあったのが
ちょっと面白かったです。でもそれくらいに危険なんですね。。。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-18 23:13
秋津のOB様

起動試験の牽引機はKATOのEF210 100でした。
運転台はシースルーですし、そこまで牽引力が強力であるとは思えません。。。
しかしご指摘どおり完全フラットということもあり、いったん転がしてしまえば
あとは微々たる力でも動くんでしょうね。それが鉄道の強みでもあります。

牽きだしの時、いったんバックさせて多少圧縮をかけました。
やはり模型でもこの時の「音の波」は感動します。

その輸入品のクリーニングカーは、昔のTMSで見たことがあります。
なるほど、自作でも充分に用を成すんですね。
今度自分でも作ってみたいですが、ワッシャー利用だと絶縁に気を使いそうな。。

そういえば、富過渡のレールクリーナーって成分はなんでしょうな?油系の何かでしょうか。
ちょっと調べてみます。
Commented by みゃび at 2007-10-19 13:04 x
およ、IPA99%で防錆剤入りなんてあるんですか。知らなかった……。
私が買ったヤツはIPA99%のみの表示でしたし、アルコール類は親水性が高いので純粋100%な商品が作れなくて99%なのかと思ってました。(ちなみに蒸留によるエタノール精製は上限が96%だそうです。なのでスピリタスより度数の高い『蒸留酒』は原理的に作れないってことですね)

なお、火が付くというだけなら案外度数が低い酒も存在しますね。さすがに醸造酒だと難しいかもだけど、普通に売ってる蒸留酒なら大抵火が付けられるはず。(要するにフランベだな)
スピリタスは非常に度数が高いのでより危険なわけですが、ここまでいかずともレモンハート151や普通のウォッカレベルでも充分危険ではあると思います。酒と煙草の両方をこよなく愛する人は要注意ですね。(笑)
Commented by 秋津のOB at 2007-10-19 19:07 x
はこべえ様

レポートありがとうございます。圧縮引き出しを再現とは楽しそうですね。遊びが大きめのアーノルトだからできるのでしょう。

あと自作クリーニングカーの補足。

ワッシャーを重ねて瞬着で固め、釣り用の鉛板を一巻き。
絶縁用に紙を切り出してまた一巻きして瞬着を染み込ませました。

ワッシャーの穴を塞ぐようにプラ板を貼り、円柱になるよう整形しました。
富ワム8にほどよく収まるサイズです。

巻きつける不織布は、オリジナル製品に敬意を表して、CenterLineProducts製を使用してます。

同社製品も金属の円柱に不織布を巻きます。これで絶縁できます。

試用した結果は、まあ、自己満足出来なくもない程度でした…。
Commented by みゃび at 2007-10-20 02:07 x
> そういえば、富過渡のレールクリーナーって成分はなんでしょうな?油系の何かでしょうか。

手元に過度のユニクリーナーがありますが、成分は書いてありません。
ただ、第3種有機溶剤とあるので調べたら、ガソリン・コールタールナフサ・石油エーテル・石油ナフサ・石油ベンジン・テレピン油・ミネラルスピリットなんてのが出てきたので、このどれか、もしくはこれらの混ぜ物なんでしょうね。
Commented by ぼうず at 2007-10-20 14:35 x
>はこべえさん

以前仕事でIPAを多量に吸引したコトがあって、全員酔っ払ったような感覚に陥りました。呑んで酔っ払うのもある意味麻酔みたいなモンですから、「麻酔性」とあまり変わらないのではないかと(^^;
水抜き剤に添加する防錆剤ですが、そんなに大量には入れないはず、多くても百ppm程度で十分だと思います。
臭いについては一般の「酒」ですとアミノ酸をはじめとする「風味」成分が入っていますので好ましい香りとなりますが、試薬類ですとそのような類のものは不純物として嫌われますので純粋にアルコールの臭いになります。それで独特というか薬品っぽいというか、とにかくそんな臭いになります。

>みゃびさん
水とエタノールは共沸するので、飲用ならば仰る通り96%です。IPA-水系も共沸しますのでそのままでは分離できません。IPAにしてもエタノールにしても第三成分を加えて三者共沸させると99.5とか99.9などほぼ100%まで濃縮する事は可能です。エタノールの場合はエントレーナー(第三成分)にベンゼンを使うのが一般的ですから、とても呑めませんが(^^;
Commented by しん at 2007-10-20 21:26 x
酒と煙草をこよなく愛するしんです(苦笑)運転会お疲れでした。
冷凍庫にスピリタスが眠っていたので、レールを磨いてみましたが…
まぁ、綺麗にはなるけれど、無水エタノール程では無かったかな。
ジン、ウォッカで磨くと、匂いが残ります。
残ったスピリタスは、生レモンを搾り、チャッカマンで火をつけ、おいしくいただきました。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-23 00:01
みゃび様
なるほど、精製で得られる上限が96度なんすね。スピリタスはそこまで極めてあると。。。すごいな。
そういえばフランベはお酒でしたが、何でも火がつくわけではないんですね。

そしてクリーナーのレポート、ありがとうございました。やっぱり油系統ですね。
汚れを落とすのはそれなりに強力そうですが、やはり滑りという点で走りには影響しそうです。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-23 00:01
秋津のOB様
圧縮が楽しめるのは、アーノルトのままで良かったと思えることの1つです。
連結面間隔が開いててかっちょ悪いのを逆手に取れるです。

そしてクリーナのレポもありがとうございます。
ワッシャーの穴を塞いでしまうということは、何かの軸を通したりはしないんですか?
不織布のみでも絶縁できるんですね。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-23 00:01
ぼうず様
そのIPA地獄絵図は恐ろしいですねー。
自分も歯磨きをかけながら気分が悪くなることはありますが、そこまではさすがに。
気をつけて作業したいものです。

「3者共沸」ですが、無水エタノールにはそのベンゼンが残留している可能性があるんですね。
ウケ狙いで飲まなくて良かったです←馬鹿者
しかしそのベンゼンが線路磨きのときに悪影響が、というのは考えすぎでしょうか。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-23 00:01
しん様
どうも、きっとスピリタスのネタには興味を示されるかと思いましたが、まさか本当に磨くとわ。
クリーナーとしての効き目はやはり高濃度のアルコールですな。

そして他の酒で磨かないでください!勿体無いから。匂いが残るって、本当にやったですか?
Commented by ぼうず at 2007-10-23 00:47 x
>はこべえさん

ベンゼンは気にする程の濃度では無いと思いますよ。脱ベンゼンしているとはいうものの、ガソリンの方が余程(ry
飲用のアルコールで線路磨くのは....多分あまり良く無い気がします。水分がある(←多分共沸して飛ぶからそれ程影響は無いか?)のと、微量に含まれていると思われるアミノ酸類がカビなどの原因になりそう。
やはりスピリタスはレモンと砂糖を乗っけてクイッと行ってストンと落ちるのが正しい使い方(?)かと(^^;
や、最近ショットバーでダーツやりながら呑んで無いからあまり言えませんが(^^;
Commented by みゃび at 2007-10-23 08:38 x
はこべえ様
無水エタノールですが、おそらく呑んでも害はない、というより、呑んで害があるような代物ならそもそも酒税が掛けられないのではないかと。(エタノール自身による害また別の話とします)
なので、ウケ狙いで呑むのはアリだと思いますよ。度数が究極だしエキス分もないのでスピリタスよりもきついと思いますけどね。

ぼうず様
飲用アルコールでの線路磨きについては私も同様の感想を持ちました。
っつーか、酒の一滴は血の一滴。無駄にすることはまかりなりませぬぞ。>しん様
やはり、漢ならスピリタスをそのままストレートでガツンと行って欲しいものです。(笑)
なお、しん様におかれましては、ジン・ウォッカ等で拭いた線路を再度クリーニングすることをお勧めしておきます。スピリタスに比べてエキス分が多いので、マジでカビる可能性がありますゆえ。(蒸留酒なのでエキス分も蒸発してくれてればいいんですが……)
Commented by みゃび at 2007-10-23 08:50 x
あ、忘れてた。
はこべえ様。
クリーナーによる磨きですが、これらも蒸発するようなので滑りに関しては大丈夫かと。
実際、某63のKATO高架レイアウトは何度も富のクリーナーで磨いてますし(拭いてもすぐに乾くようです)、うちでは富の車輪クリーニング線路に過度のクリーナーを使ってますが、これもすぐに乾いてしまいますので。
一応『油』の範疇ではありますが、普通の潤滑油とか動物油脂のようなものではなく、アルコールやガソリン、ベンゼン、シンナーなどと同じようなものと思った方が良いです。っつーか、ガソリンとベンゼンも第3種有機溶剤の仲間だし。(過度のクリーナーに入ってるかどうかは知りませんが)
Commented by しん at 2007-10-23 11:58 x
事後報告
…当該線路につきまして…
以前、固定レイアウトに使用し、剥がす際に道床が割れて使用不能になったエーダイ製S248線路を実験用に供給しましたので、実験後、破棄処分となりました。
…実験使用酒について…
ジン、ウォッカについては、空き瓶の底に僅かに残っていたものを綿棒に含ませ使用。ジン銘柄はビフィータ40度。ウォッカ銘柄はスミノフです。
スピリタスウォッカ96度は、好んで飲まない酒で、冷凍庫に寝ていた頂き物。ショットグラスの下に小皿を置き、注いだ際にこぼれた物を綿棒に含ませて使用。
上記のように、無駄にしておりません。
ちなみに、スピリタスウォッカをショットグラスで一杯ならば、ストレートで飲みました。やっぱりキツイので、レモンを搾って着火し、アルコールを飛ばしました。
エタノールの飲用は危険かと…蛋白質を凝固させる恐れがあると書いてあるし、消毒には精製水で薄めるように書いてある。
某63のレイアウト、現在ループ線トンネル部分の勾配調整が済み、山の成形中です。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-24 22:47
ぼうずさん
ガソリンってそんなに有害なんですか。。。
そういえば市販のガソリンにもベンゼンが含まれていたような。

今までガソリンって「油」の範疇だと考えていましたが、みゃびさんのコメントにもあるとおり
有機溶剤の仲間として考えたほうが良いみたいですね。
だとすると有害だというのも何となく納得できるような気がします。

改めてMSDSでベンゼンを調べてみると、IPAの項が可愛らしく思えるほどの
注意書きのオンパレードでした。
あの強固な六角形が遺伝子にまで損傷を及ぼすと聞いたことがあります。

スピリタスはまだ未体験なのですが…ちょっと怖いですね。そんなにストンと落ちるデスか。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-24 22:51
みゃび様
というわけで、まずは自分の「ガソリンは油」という認識を改めるところから始めます。笑。
有機溶剤だと考えると、確かに脱脂の役割を果たしそうですね。
アルコールでも同じような気がしますが、それでは八Nでクリーナーに警鐘を鳴らしている理由が
いったい何なのか気になります。。。

でもでも、いちおう無水エタノールを飲用に供するのは遠慮しておきます。。。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-24 22:52
しん様
事後報告ありがとうございました。
いちおう全て廃品利用との事、結果は貴重なデータとして蓄積いたします。
まあさすがにジンとウォッカは冗談半分でしたでしょうけど。。。

そうすか、そういえば無水エタノールの瓶にも飲用は控えるようにと書いてあったような。
それのことですよね?
Commented by ぼうず at 2007-10-24 23:50 x
ガソリンも最近は脱ベンゼンしているのでムカシほどは危険性は減っているはず。ただ、芳香族系のトルエンやキシレンはオクタン価向上のために除去していませんから害が無いとは言えませんね。とは言うものの、これらはそれ程揮発性が高く無いので触れない限りは問題ないかと。給油中にガソリン中の揮発成分が出てきますが、軽質のパラフィン系炭化水素が中心ですから、それ程シビアにならずともいいかと思います。

そんなに酒が強くないからではありますが、度数の高いアルコールっていきなり来る気がします。ワタシの場合、ロックでいけるのはせいぜいスミノフ青まで、それ以上だと(ry
Commented by みゃび at 2007-10-25 09:04 x
> 八Nでクリーナーに警鐘を鳴らしている理由...

有機溶剤だからでは?
アルコールのように親水性のあるものならともかく、完全な油だと体内に取り込まれた場合、結構ヤバそうな気がしますし。
トルエン、シンナー系のヤバさは、昔の中高生頃の不良がよくやっていたアレでよく解っていることと思いますが、他の有機溶剤でも似たような作用はあると思うので。
とは言え、換気の良い状態で、たまに(車輪磨き程度で)使うくらいならあまり吸わずに済みますから、あまり神経質になることもないかな、と。
八Nの場合、あの広さとレール長さのため、レールクリーナーで使うと部屋全体で致命的なことになりかねないので、とことん排除する方向なのではないかと思います。エタノールなら、酒が致命的に駄目な人がいない限り、多少酔いが入るくらいで(引火の危険性はあるので換気は重要ですが)他の危険性はありませんし。
Commented by みゃび at 2007-10-25 10:05 x
素人のうろ憶えですが……。
ガソリン(に限らず有機溶剤すべて)は油です。単に潤滑油などの類と違って揮発性が高いだけです。

油は基本的に分子構造にCH3とかCH2の鎖とかベンゼン環とかが含まれ、これら同士で引き付け合うため(化学的な結合ではありません)、そういう分子構造の物質同士で溶け合うことができます。(有機溶剤も油なので油汚れを溶かせる)
アルコールもCH3(メタノール、イソプロパノール)とかCH3CH2(メタノール)とかを持っているため、親油性があります。(つまりアルコールと油は溶け合える)
汚れを拭き取れれば、あとは蒸発してくれた方が(レールや車輪には)都合が良いため、有機溶剤や無水アルコールはクリーナーとして使えます。
ちなみに、石鹸が油を溶かせるのも同じ理由です。

また、石鹸やアルコールには水酸基(OH)があり、これが水分子の水素と引き付け合うため、水にも溶けられます。結果として、溶け合えない水と油の仲立ちをして、汚れ(油)を水に流すことができます。
なので、石鹸水でもレールや車輪の汚れ落としができますが、石鹸はアルコールと違って蒸発できず、残留した石鹸自体が汚れになってしまうため、事実上は使い物になりません。
Commented by 秋津のOB at 2007-10-27 23:56 x
はこべえ様

化学に踏み込んだ論議の流れを読まず(爆)、補足第2弾です。

自作クリーニングカーのオリジナルは、数ヶ月前に廃業してしまった米CenterLineProducts製品です。

長物車みたいな形で、ダイキャスト製の床板(兼車体?)中央に開口部があります。金属ドラムは開口部に置くだけです。
直径1cmチョイ?のドラムを取り残さないよう、開口部のフチが車輪中心あたりまで下がってます。

小さい分、メッシュ状のクリーニングペーパーを5回くらい巻けるので、絶縁は大丈夫です。ペーパーが滑らないよう、ドラム表面もメッシュ状の模様になってます。

ドラムを押さえ付けないため、レールの継ぎ目などに引っ掛かかったことはないです。
Commented by hakobei-lazybones at 2007-10-30 00:07
ぼうず様

ガソリンの中の成分が問題になってくるんですねぇ。
ハイオクも昔の有鉛は言うまでも無いですが、
今でも多少は害になる成分が残っているものなんですか。

スミノフって、スミノフアイスじゃなくてウォッカのほうですよね?
飲んだことないのでよくわからないです(´・ω・`)


みゃび様

詳しい解説ありがとうございます。
水に溶ける・油を溶かすって、その分子構造からして機能を解明できるんですね。
確かにそう考えるとIPAはCH3がふたつあるから、強力に思えるのも理解できます。
実際のところはわかりませんが・・・。
ジャンク線路を大量に仕入れたので、今度試してみます。


秋津のOB様

いえいえお気になさらず。
線路を綺麗にするもの、という所では共通しておりますゆえ。

なるほど、あのドラム状の物体は芯などなく、置いてあるだけだったんですか。
作り方は今までのコメントで概ね理解できているつもりなので、まねしてみたくなります。


<< アルコール関連のお話ついでにおまけ いつもより多少足を伸ばして >>