マニ44をカラーチップ代わりにしてみる

随分前にジェイズの「スカ色青」を何の気なしに買ってみました。今まで客車群の塗装には何のこだわりも無くGMの青15号を使っていました。しかし俗に言われている完成品との色味の違いが自分なりに気にはなっていたので、試してみる気になったのです。そしてそうなると同時に気になるのが、同社の「月光青」。。。同じ青15号のはずなのに、なぜ製品が分かれているのでしょうか。ちなみにジェイズのHPにはこの疑問に対する見解が載っています。
気になるものは試すしかない、ということで先週の金曜には月光の青も入手し、土曜日かけて2両のマニ44に対し、それぞれの青を塗ってみることにしました。

しかし、この缶スプレーを買ったときに指摘を受けていましたが、ノズルがGM缶スプレーとは違っています。なので塗料の噴出量がN車両相手だと多いような気がしました。その上に塗料の粘度もGMのスプレーとくらべるとちょっと高いような雰囲気がありました。なので少しでも遠くから吹くとすぐ柚子肌になるし、近くからだとぼってりしてしまいます。GMの缶スプレーはこういった点に関して寛容で、吹き付け時の距離が多少近くても遠くても、しっかり塗りあがってくれる印象があります。
でもこの柚子肌は、乾燥時間が遅いのを待ちきれずに重ね塗りしたせいで、2回目以降の塗装が前段階の塗膜を掘り起こしてしまっていたのかもしれません。

f0088350_21124261.jpg

塗りあがりの写真です。
左から、ジェイズスカ色青、同月光青、GM青15号で塗ったものです。

しかしやはり写真だと、期待していたような色味の差が出ませんね。印象として、スカ色青はGMの青15号より気持ち青っぽくなっている感じ。また月光青は上記2色とはがらりと変わり、ずっと黄味の増した独特の色になりました。KATOの旧客と色を合わせたい向きには、GMよりも青の発色が良いスカ色青が使えそうだと個人的には思いました。月光青は思っていた色と全く違った結果になってしまいました。。。これどうしよう。
とにかくここのマニ44は細かい仕上げを平日にやって、来週デビューをめざします。

ちなみに現在、マニ44のバルクが2両分、なぜかまだ手元にあります・・・。こいつらは何色で塗りましょうか。
[PR]
by hakobei-lazybones | 2006-04-02 21:14 | 進行中工作


<< 多忙に付き 先週からの入手記録 >>