鉄コレ10弾のこと(2)

早速のIPA漬けや、見ながら妄想していたことなど。




今回のラインナップで一番気になったのが、北陸と羽後にあるカゴでした。
早速ばらしてみますと。
f0088350_22441428.jpg
TNカプラーと同じような構造で、床板に取り付けられていました。
ボディ側は特に取り付け穴などが開いているわけではありません。

f0088350_22443150.jpg
なのでカゴを取り外しても、そのまま遊べるのかなどと思っております。

f0088350_22444427.jpg
お次は関鉄411とGMのおまけパーツ。
その昔入手したGMのキハ04キットには、独特の例の調子で
キハ411・412への改造ガイドが記載されており
実に好奇心をくすぐるものでありました。
しかしこんなものまで、完成品で入手できる時代になったんですね。
まさに隔世の感あり、です。

しかしこの隔世の感とやらは、恐らく鉄コレ第一弾から幾度と無く思い続けているはず。
ここらへんの事は語りだすと長くなるので省略。


f0088350_2245988.jpg
IPA漬け。
左から遠州、北陸、羽後です。

羽後は屋根上までボディ同色に塗られているのですが
屋根板のパーツはグレー成形になっておりました。
そこでふと思ったのですが、ボディもろとも銀に塗られている鹿島の屋根も、
塗装をはがすとグレー成形なんでしょうかね?
恐れ多くてとてもドブ漬けなどできませんが。

一方の遠州は、1両目の屋根がグレーだったのに、2両目は真っ黒だったり…。
品質のばらつきに多少不安を覚えましたが、それはそれ。
何よりも安価ですものねぇ。

次回から本格的に工作。
[PR]
by hakobei-lazybones | 2009-08-17 22:46 | 入手記録


<< 鉄コレ10弾のこと(3) 鉄コレ10弾のこと(1) >>